楽天モバイルでソフトバンクiPhoneを使う方法はコレ!

楽天モバイルソフトバンクで使っていたiPhoneがそのまま使えるのか?って気になっている人も多いと思います。

なんといってもiPhoneは、ソフトバンクで最初に発売されましたからね。ソフトバンクで契約しているiPhoneユーザーは多いでしょう。

ソフトバンクのiPhoneを、楽天モバイルで使いたい。

今回はそんな人のために、楽天モバイルでソフトバンクiPhoneを使う方法についてわかりやすく解説します。

iPhone6s以降の機種なら、楽天モバイルで使える

ソフトバンクのiPhone6までは、残念ながら楽天モバイルで使うことができません。

iPhone6以前のユーザーの方は、他のSIMを選ぶしかないです。ソフトバンク回線に対応しているのはこちらです。
bモバイルの特徴やおすすめポイントとデメリット
U-mobile(ユーモバイル)の特徴やおすすめポイントとデメリット

6s以降のiPhoneは、SIMロックを解除することで楽天モバイルのNanoSIMで使えるようになります。

SIMロック解除の条件は、

・購入日から181日目以降

・自分でソフトバンクにおいて契約した機種であること

この二つです。

SIMロック解除をして、楽天モバイルのプロファイル設定をしよう

SIMロックを解除するのに一番おすすめなのが、My SoftBankで手続きをすることです。

My SoftBankでSIMロック解除の手続きをするなら、手数料は一切かかりません。

ソフトバンクショップでも手続きができますが、こちらは非常に割高。3000円の手数料がかかってしまいます。

SIMロックを解除したら、あとは楽天モバイルの契約後にSIMカードを入れて、楽天モバイルのプロファイルを設定すればOKです。

楽天モバイルのパッケージに、対応するプロファイルについて記載があります。

iPhoneをWi-Fiに接続してから、Safariで楽天モバイルの公式サイトを開いてプロファイルをインストールしましょう。

これでもう、楽天モバイルをソフトバンクiPhoneで使えるようになりました。

もしも圏外になってしまったら、

・プロファイル設定が正しいかどうかか確認する

・一度機内モードにしてから戻したり、SIMカードを抜き差ししたりする

この二つを試してみてください。

ソフトバンクのiPhoneは、SIMロック解除すればどこの格安SIMも使える

ソフトバンクのiPhoneでSIMロックを解除すれば、楽天モバイル以外も含めて、基本的にどこの格安SIMでも利用可能になります。

もし楽天モバイルから今後他社に乗り換えるとしても、特にもう細かい手続きは必要ありません。

楽天モバイルから他社に乗り換えた際は、プロファイル設定を設定アプリから削除して、乗り換え先のプロファイルをインストールすればOKです。

まとめ

iPhoneの6s以降であれば、楽天モバイルのSIMで利用できます。

SIMロックを解除してからMNPして、楽天モバイルに乗り換えましょう。

楽天モバイルに乗り換えれば、月額料金を一気に抑えられますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。