SIMフリーとMVNOの違いは?

MVNOとは、既存のキャリアから借りているインフラを格安でユーザーに提供する事業者のことです。

MVNOとSIMフリーって一緒に書いてあることが多いのですが、MVNOは正しくは、仮想移動体通信事業者のことです。

なんのこっちゃッて感じですが、要は、ドコモなどの大手キャリアから通信回線の一部を借りて、それを一般のユーザーに提供する業者です。

一般のもので例えると、直営店ではなくて代理店みたいな感じでしょうか。

直営店だと本社の言うとおりやってればいいみたいな感じで、代理店だと自分たちの独自性で勝負できたりします。

両方共良い所と悪いところがありますよね。

MVNOもそんな自分たちの独自性で勝負しているわけです。

その独自性の最大の部分が、価格です。

大手キャリアとMVNOの比較をまとめますと、

安定

 大手キャリアMVNO
価格高い安い(半額も)
インフラ安定(大手キャリアから借りている)
乗り換えできない又はめんどう本体を替えずに乗り換え可能
キャリアメール使える使えない
対面サービスありなし
サポート安心だが待ち時間が長い自分で設定する必要がある

MVNO業者にはどんなところがあるの?
MVNO業者は現在、ドコモ系とau系があります。
どちらも安定したインフラを持っているので、基本的にエリアも大手と変わりません。
ドコモ系とau系は通信方式が違うので、通常は同じ系列でのSIMの差し替えはできますが、別の系列だと使えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。