楽天モバイルのデーターシェアプランはメリット有?攻略法も!

格安SIMの中には、通信量をシェアできるものもあります。いわゆるデータシェアを行えるわけですね。

格安SIMの中でも人気が高い楽天モバイルですが、楽天モバイルでもデータシェアを行うことができます。

この記事では、楽天モバイルのデータシェアの魅力に迫ります。家族や個人で、通信量をシェアできる複数枚のSIMを使いたいと考えている方はご覧ください。

楽天モバイルのデータシェアは、余った通信量をシェアするもの

楽天モバイルのデータシェアは周りの楽天モバイルユーザーを登録することで、余った通信量をシェアできるという他のMVNOとはちょっと異なる内容のサービスです。

データシェアは月額100円で、有料であることもポイントですね。他の格安SIMのシェアSIMは月額料金がかからないので、楽天モバイルでデータシェアを使いたい方は要注意です。

データシェアのメンバーに加えられるのは個人、複数人を問わず5回線までです。メンバーそれぞれの余った通信量をシェアできるのが、楽天モバイルのデータシェアです。

楽天モバイルでデータシェアをする、他社と比べてのメリット

楽天モバイルなら、より気軽に周りの人とデータシェアができる

楽天モバイルのデータシェアは、自分の家族以外もメンバーに加えられるのが大きなメリットです。

同様のデータシェアはmineoも行なっていますが、楽天モバイルは家電量販店でも気軽に契約できるなど、mineoに比べてもユーザーが周りに多くなり得る格安SIMであるため、よりデータシェアのハードルは低いですね。

余った通信量をシェアするので、一人の人がたくさん使ってもそれほど大きな問題にはならない

IIJmioやDMM mobileなどで利用できるシェアSIMは、一つの大きな通信量を複数人でシェアするものです。

この方式だと月額料金が安くなるのは良いですが、一人がたくさん使った結果全員が速度制限にかかってしまうこともあるのが難点でした。

楽天モバイルのデータシェアなら、余った通信量だけをシェアするので、誰かがもしたくさん使いすぎても全員が速度制限にかかってしまうことはありません。

楽天モバイルでデータシェアをするデメリット

月額料金が100円かかるので、むしろ月額料金は上がる

月額料金がかかるのは難点ですね。mineoなら、同内容のパケットシェアが無料で行えます。

100円も支払って、わざわざ余った通信量を他の人とシェアするのは面倒に感じる人も多いのではないでしょうか。

通信量は確かに無駄になりませんが、月額料金はむしろ上がります。楽天モバイルは余った通信量の翌月までの繰越ができるので、余った通信量は自分で使った方が周りに気を使う必要もないし良いと思う人もいますよね。

データシェアの手続きがちょっと面倒

相手の電話番号を登録しなければ、データシェアができません。友人や家族にわざわざ電話番号を聞くのは、面倒に感じられる人もいるでしょう。

データシェアに向いている人は?

あまり通信量を消費せず、翌月になっても未だに先月の繰越分が余ってしまっているような人は、データシェアをすれば通信量が無駄にならずに済むので良いですね。

そして一人でもデータシェアは活用できるので、楽天モバイルで複数のSIMを契約しているならデータシェアをすれば、それぞれのSIMで余った通信量を有効活用できますよ。

データーシェア攻略法

楽天モバイルの組み合わせプランで、データーシェアを使う場合は組み合わせ方法によっても料金が変わって来ます。

例えば、家族4人で合計20GBの容量で契約する場合は、

5G×4台だと、2,150円×4= 8,600円

ですが、

3.1G、3.1G、5G、10G、にすると、合計の容量が21.2Gで大きいのに、金額は、

1,600円×2 + 2,150円 + 2,960円で、合計8,310円で安くなります

10GBの契約の人が、使用量をうまくコントロールして翌月に余らせるようにすると良いです。

翌月の契約は、前月の25日までにアプリで簡単に変えられますので、たくさん余っている月は、少ない容量に切り替えれば、無駄なくパケットを使いきることができます。

まとめ

データシェアを使えば、月額料金は上がりますが通信量が無駄にならず、家族や友達と有効活用できます。

メンバーの登録や削除は相手の電話番号がわかればすぐに行えるので、周りに楽天モバイルユーザーがいるなら、データシェアを活用してみてはどうでしょうか。

★詳しくはこちらもご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。